menu

みるのすけCH R12:誘導瞑想『私に会いに』

【あらすじ】
看護師からクリエーターへと転身した作者による誘導瞑想。
家族関係による心の痛み、肉親との死別や自身の病により苦しい日々を過ごす中、
心理学や啓蒙思想の本を読みながらも長く癒されなかった作者が、
瞑想を行う中で次第に様々な気づきを得た結果、いつしか本当の幸せを感じられるようになった
経験の中から生まれた作品。悲しみや不安で眠れない夜にふと気付いたこと、
作者が自分を癒すために自分自身にかけた言葉。
小さな人形が小さな動植物達と共にあなたをその世界へ誘います。
動画として作成していますが、目を閉じて耳で聴いていただくだけでも結構です。
悲しくても不安でも…私達は幸せです。私達は自分で自分を癒すことができるのです。

【キャスト/スタッフ】
ミニニュア絵本クリエイター:森野里 鈴
朗読:福寿奈央

【時間】
約24分半

【プロフィール】
看護師として30年以上、臨床・福祉施設・教育施設など様々な分野の仕事に従事してきたが、自身が慢性疾患を持ちながら苦しむ中で、生きるとは何か、幸せとは何か、を考え続け、次第に精神世界への関心も持つようになる。家族を自宅で看取ったことを看護師人生の集大成とし、現在はハンドメイド作家として活動している。

みるのすけCH T1:宮沢賢治作『土神と狐』

みるのすけCH R11:横光利一作『蠅』

関連記事

  1. みるのすけCH R9:山本周五郎作『屏風はたたま…

    【あらすじ】弥十郎に恋い焦がれて病になってしまった娘に会って欲しいとの奇…

  2. みるのすけCH R8:夏目漱石作『夢十夜~一夜~…

    【あらすじ】こんな夢を見た。輪郭の柔らかな瓜実顔の美しい女はどうみて…

  3. みるのすけCH R2:weather雨と雷『くわ…

    【あらすじ】大きなキャリーケースをゴロゴロとひっぱって、バスに乗って東京…

  4. みるのすけCH R4:weather夕焼け『いっ…

    【あらすじ】下町銭湯宝船の煙突に、今日も無敵の少女、ムテキが立って町を見…

  5. みるのすけCH R11:横光利一作『蠅』

    【あらすじ】馬車の乗客は居眠り運転のせいで崖の下に転落。しかし馬の背…

  6. みるのすけCH R3:weather星『ROBO…

    【あらすじ】きっともう人類は存在しない。地球は自然と動物たちだけになった…

  7. みるのすけCH R5:weather雪『スノウド…

    【あらすじ】歌うたいを目指す青年は、路上で天使の歌をうたう。生きにく…

  8. みるのすけCH R7:太宰治作『葉桜と魔笛』

    【あらすじ】「桜が散って、葉桜の頃になると私は毎年思い出します。」老…

PAGE TOP